後にも先にもこれ以上の衝撃はきっとない。双子発覚。

こんにちは😃

2歳の双子の母してます、しーです🌱

 

私が双子を妊娠していると分かったのは

3回目の妊婦健診、ちょうど9週目でした。

 

その日は一人で健診へ。

予約はしてあったものの、少し混んでいたので

待合室で悪阻初期の体調の悪さと戦いながら

名前が呼ばれるのを待っていました。

 

1時間程経った頃、やっと名前が呼ばれ診察室へ。

内診が始まりエコー画面が表示され

先生がするするとプローブを動かす。

動かす。

動かす。

3分経過。

…先生、何も言わないけど、なんだろう。。

そう少し不安になりながら

分からないなりに、エコー画面を眺めていた時

 

ん?…なんかもう一個映った?

先生は黙々とプローブを動かし、画面を眺める。

まだ先生は何も言わない。

 

そして更に5分程見た時、先生から一言。

「双子ちゃんだね。」

 

へ?

ふたご…?双子…?双子?!

「へーーーーーーーーー?!?!?!

◎△$♪×¥●&%#?!」

 

恐らく産院中に響き渡った私の声。

 

完全に思考が止まる私。

大パニック。

頭真っ白。

 

あんまりにパニックになりすぎて

そのまま内診を終えると

別室に看護師さんが案内してくれました。

看護師さんが色々と何か励ましてくれてる。

でも何も頭に入らない。

 

そして放心状態の中、やっとしぼり出た疑問。

 

「私の体(150cm弱の普通体型)で双子って産めるんですか?」

 

看護師さんはちょっと間を開け

「うん?うんまぁ入るから大丈夫よ!」

 

ええー…。まぁ入るって…。まぁ入るんだ…?そっか…。

 

その後、少し落ち着きを取り戻した私は

再び診察室へ。

先生から

双子は妊娠中のリスクが高いから

とりあえず説明の為、また週末に来てね。と。

もう頭は真っ白で説明なんて全く耳に入らない。

そんな状態で病院を後にしました。

 

そしてフラフラと駅まで歩きながら旦那さんに電話…。

携帯を鳴らしてみるものの…出ない。

どうしてこの人はこうゆう時に限って出ないのかしらと

少しイラッとしながら歩いていると

やっと旦那さんから折り返し。

🙋‍♂️「どーした?!」

「なんかね、もう訳が分からないんだけど…

…二人いた。」

💁‍♂️「は?なにが?」

「人間。…だから双子だった。」

💁‍♂️「は?

◎△$♪×¥●&%#?!

え?は?双子?二人?え?

…っははははははははははは(爆笑)

…。…。…。

いや…うん、分かった。とりあえず帰ってこい。

うん。そう。とりあえず」

 

そして帰宅後、旦那さんに双子だったこと

先生の説明はほぼ覚えてないこと

リスクが高いと言われたこと

週末にまた検診に行くことを旦那さんに話しました。

でもいくら双子って言われても

やっぱり見間違いかも。と

まだちょっと信じられませんでした。

 

ちなみに私が健診帰りに電話した時

旦那さんは会議中だったそうで

このタイミングで電話がかかってくるってことは

ダメだった(流産)か…。

と覚悟して、10分休憩のタイミングで

電話をかけ直してくれたそうです。

そんな心境で双子と聞いたものだから

やはりその衝撃は凄まじく

その後は会議どころじゃなくなってしまったみたい。

会議中なのに、突如笑い出したり

おどおどしたり、発表を突如後輩に変わって貰ったり

尋常じゃない旦那さんの様子に

会議メンバーはどうした?!となり

その場で双子だった旨報告することになったそうです。苦笑

 

いい大人が夫婦二人して感情のコントロールが出来ず

お恥ずかしいです。

普段はこれでも結構、落ち着いてる方だと思うんですけどね。

あの衝撃は本当に凄まじいものだったんです。苦笑

 

双子発覚時の

左の子

f:id:shiiiwa:20180611175354j:image

 

右の子

f:id:shiiiwa:20180611175313j:image

 

この画像じゃ分からん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です