隙間時間でビジネス会計検定試験3級に合格する方法

こんにちは😃

2歳の双子姉妹の母、しーぽろ日記のしーです🌱.

先日、ビジネス会計3級を受験し合格することができました!

双子育児をしながらで思うように勉強時間が取れずでしたが、なんとか合格でき、ほっとしています😭✨

財務諸表等について前知識0の私が行った勉強方法を、これから受験される方の参考になればと思いまとめてみました📝

が、最初に言うと

公式テキストと過去問を徹底的に3周(2周以上が絶対)できれば、ほぼ合格できるのではないでしょうか!

【ビジネス会計試験3級とは?】

ビジネス会計検定試験は、財務諸表に関する知識や分析力を問うもので、財務諸表が表す数値を理解し、ビジネスに役立てていくことに重点を置いています。

★3級

基本財務諸表としての貸借対照表、損益計算書、およびキャッシュ・フロー計算書(いずれも個別)に記載されている項目と計算構造について学習します。その上で、企業が成長しているのか、債務等の支払い能力はどうか、もうける力はあるか、株価は利益に対して高いか低いか等、財務諸表分析の基本を学びます

※ビジネス会計検定試験HPより引用

【簿記検定との違いは?】

簿記検定⇨財務諸表をつくる。(企業の家計簿をつくる。)

ビジネス会計試験⇨財務諸表の分析。(企業の業績を分析する。)

【使える資格?】

経営関連部署の場合は財務諸表関連の基礎知識が必須なので、めちゃめちゃ役立ちます!

(私は経営関連部署所属。)

また就活する学生さんや、投資家さんも企業業績を分析する際には必須な知識になります📝

また企業によっては、管理職への昇格条件の一つにビジネス会計3級取得が入っているそうです。

【合格率】

正答率7割以上(35/50問)で合格💮

合格率は60%程。

勉強方法は独学と資格スクールとありますが、私は独学です。

内容に強い抵抗がなければ、独学で良いように思います!

問題に特殊なひねったようなものはなく、やればやるだけ点数が取れる試験なので😊

以下、あくまで私流ですので、参考までに拝読ください🌼

【勉強開始時期】

1.5ヶ月前(本格的に始めたのは1ヶ月前)

【勉強量】

30分(1.5ヶ月前~)

1時間(1ヶ月前~)

2時間(2週間前~)

3時間(4日間)

【使用参考書】

公式テキスト&公式過去問題集が絶対必要。

むしろこの2冊以外はいりません!!

https://www.amazon.co.jp/dp/4502094307/ref=asc_df_45020943072518310/?tag=jpgo-22&creative=9303&creativeASIN=4502094307&linkCode=df0&hvadid=295739644034&hvpos=1o1&hvnetw=g&hvrand=4744068919966895822&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=m&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009341&hvtargid=pla-526371000703&th=1&psc=1

https://www.amazon.co.jp/dp/4502094307/ref=asc_df_45020943072518310/?tag=jpgo-22&creative=9303&creativeASIN=4502094307&linkCode=df0&hvadid=295739644034&hvpos=1o1&hvnetw=g&hvrand=4744068919966895822&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=m&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009341&hvtargid=pla-526371000703&th=1&psc=1

【タイムスケジュール】

①1.5ヶ月前~1ヶ月⇨テキスト拝読

テキストを読んでまずは言葉慣れ。

大事そうなとこにマーカーを引くくらいで、さらっと攫いましょう!

後から理解できる部分も多いので、完全に理解できない部分があっても大丈夫🙆

とりあえず止まらず、最後まで目を通すことが重要!

私は一日30分弱×2週間弱で、まずは一巡できました。

②1ヶ月前~2週間前⇨テキスト拝読2巡目&過去問1巡

テキスト拝読二巡目と並行して、過去問に取り組み始めます。

テキスト第1章拝読⇨過去問第1章⇨テキスト第2章拝読⇨過去問第2章⇨…

※過去問の最後の総合問題はやりません。

最初はテキストを読んだにも関わらずあまりにも解けずで、やる気をなくしましたが、そんなものだと思い、めげずに進めます。

また過去問の答え合わせをする際は、テキストの該当箇所を確認し、各単語を理解し、各正答の根拠をつかみます。

間違えた問題は、設問にチェックを入れ、次も間違えそうなページには付箋を貼っておきます。

③2週間前~1週間前⇨テキスト拝読二巡目&過去問二巡目

過去問一巡目で間違え付箋を貼った問題を中心に、苦手部分や覚えにくいところを簡単にノートにまとめます。

まとめると言っても、見やすさは二の次で分かれば良いレベルに。

教科書的な扱いのまとめではなく、書いて覚える目的で、計算方法等がずらっと書いてある感じのまとめ。

そして過去問二巡目、この段階でも、こんなに覚えられていないんだってレベル😅

しかしめげずにやります。

ここの二巡目で間違えたところは、また重ねてチェックします。

覚えていない計算式(公式)は、ひたすら書きまくり覚える。

過去問でひたすら計算式を作る練習をし、頭に計算式を叩き込む。(計算はせず式だけ合っているかの確認をする。)

項目(流動資産は○○で、棚卸資産に含まれるのは△△…のような)でうろ覚えなものは、ただただ各項目に品目?を分類する練習をし、頭に項目を叩き込む。

※恐らく本番で日本語に惑わされる問題が出てくるので、計算式や項目類は確実にしておきましょう。

そして過去問2巡目が終わった最後に、総合問題にもチャレンジ。

私はこの時点で半分強の正答率😅

そして誤った問題は、解説とテキストの該当箇所とを照らし合わせ見直します。

③1週間前~⇨繰り返し過去問題集解きまくる。

過去問2巡目でも間違えた箇所や、総合問題で誤った箇所、うろ覚えな箇所を繰り返しひたすら解きます。

計算式に数字を当てはめる、項目の分類分けも繰り返します。

(ここまで結構、飽きながら勉強していましたが、やっと内容が楽しくなり始めました😅✨)

2日前に過去問最後の総合問題を時間を測って解きます。

大体30分強で解き終わり。(見直しはなしで。)

あとはひたすら間違えたところや不安な所を繰り返すのみ。

【試験当日】

会場には30分前に到着。

開始まで問題解いたり、ちょっとうろ覚えな計算式の暗記にひたすら集中。

試験開始後15分後から退出可能になりますが、私はミスしていたら嫌なので2、3回問題の解き直ししていました😅

時間には結構余裕のある試験だと思います!試験時間最後まで残っていたのは1/5程の人だけだったので😃

【結果】

点数としては8割程の点数でした😐

まぁ受かれば100点でもギリギリでも同じなので🙆‍♀️

ちなみに私の受けた回は第5章「財務諸表分析」が問題の多くを占めていました!

【最後に】

この資格は一問一問がサクッと解けるし、用意するテキストは少ないため

短時間に区切って勉強しやすいのがまとまった時間を取りにくい人には有り難い!

私は20分×5回のように、一日のトータル勉強時間を取ってました😄

資格って取って終わりというものも多いけど、ビジネス会計検定は使おうと思えば、誰でも様々な場面で使える知識なので、とってもおススメです✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です