【双子妊娠:26w4d】200gの成長差。育ってはいるものの…

こんにちは😃

2歳双子姉妹の母、しーぽろ日記のしーです🌱

.

*…双子妊娠ふり返り…*

一週間前の検診で右の子が890g、左の子が800gと成長差が出てしまっているため、今回は再度、左の子がちゃんと成長出来ているかの検診です。

.

結果によっては、このまま入院もあり得るし、万が一であれば出産もあり得るようです。

しかしもし出産するのであれば、生存率が上がる28週まではなんとか持ち堪えたくて、一週間、気が気ではありませんでした。

※28週になると赤ちゃんの体重が1000gを超す場合が多く、その基準で大きく変わってくるそうです。

.

せっかく産休に入ったし!と外出の予定を少し入れていたのですが、何かあったら困るので全部キャンセル。

一週間、家でただただ安静に過ごしていました。

.

.

そして検診日。

めちゃくちゃ心配で待合室で待っている間、すぐに診察してほしくて、人の名前が呼ばれる度に自分かと立ち上がりそうな程でした。

.

そしてやっと名前が呼ばれ、診察室に入ります。

「今日は前回小さかった左の子がちゃんと育っているかの検診ですね。

いつもより慎重に血流の量やバランス、身長、体重を見ていくので、少し時間をいただきますが、あまり不安にならずにいてくださいね。」

「はい…。」

.

本当にこの日は、じっくり様々な位置からエコー画面を確認し、計測し、大量のエコー写真を撮っていました。

.

そして10分程経ったところで先生から

「今、じっくり見させていただきましたが、やはり左の子が小さく、右の子が1030gあるのに対して左の子は820g程なんです。

先週よりも20gは大きくなって育つことは出来ているんですけど、それでも平均の子よりも200~300g程小さいんですよね。

.

先週と今日とエコーで見た様子では血流の量やバランスにはそこまで差はなさそうなので、双胎間輸血症候群とは確定できず、成長が遅れている原因は分かりません。」

「右の子はちょうど平均くらいなんですね…。

胎動はどっちかというと左の子の方が感じるんです。

だから私としては、元気でいる気がしていたんですけど…。」

「よく動いているのは仰る通り、元気な証拠の一つですね。

今日の検診中もよく動いているので、それは安心しています。

お伝えした通り、全く成長出来ていない訳ではないですし、また赤ちゃんのいる位置の問題で少し計測に誤差が出ている可能性もあります。

今日、すぐに入院とはせず、また一週間後に診察にいらしてください。

来週はエコーで見るよりも詳細に臍の尾の血流や赤ちゃん達の脳の血流を診て診断しますので。」

.

結局、少しは育つことが出来ていたので良かったものの、原因は分からずすっきりしない検診結果でした。

とりあえずもしかしたら出産可能性があった訳なので、一週間伸びたことにはホッとしましたが…。。

.

そして検診日を決め、診察室を後にしようとした時

「あっ!すみません!糖尿病検査の結果をお伝えするのをすっかり忘れていました!!」

「あああ!私も完全に忘れていました!」

「糖は検出されなかったので、結果異常ありません。

なのでそちらは安心してくださいね。」

.

あれだけ検査前は心配していた妊娠糖尿病検査だったのに、左の子の成長遅れで一週間、すっかり頭から抜けていました😅

無事で良かったです~😅

ただ甘いもの少し取りすぎかなと思うことはあるので、気を緩めず、控え目を意識していきたいと思います~😅

.

.

とりあえず先生にも伝えましたが、左の小さい子は、胎動が結構激しく右の子に比べて動きすぎだと思うんですよね。

それで貴重なエネルギー使いすぎて十分に成長出来ていないんじゃ…?

.

お母さん、ちゃんと安静にしているから、あなたも安静にしてておくれ~!!💦

5月までなんとかお腹で頑張ってほしい!!!

右の子の正面顔がばっちり写ってる!笑

.

体重:51.2㎏(妊娠前+9.0㎏)

血圧:109/62

子宮底長:29㎝

腹囲:86㎝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です