【双子妊娠:29w0d】初めてのNST

こんにちは😃

2歳児双子姉妹の母しーです🌱

.

*…双子妊娠ふり返り…*

産休に入ってからもうすぐ1ヶ月が経ちますが、毎日が暇すぎて、遠くまで出かけられる訳でもなく、家でやれることと言ったらご飯作りのみ。

そんな訳で3日くらい、夕ご飯を気合い入れて色々作っていたら、旦那さんに

「こんなに食べないよ。食費もったいないし、簡単でいいよ。じっとしてなよ。」

と言われて、やっぱりやることがなくなりました。

.

たまに友人や会社の同僚から、さりげない連絡が来るとめちゃめちゃ嬉しくて、無駄に話を引き延ばし、構ってもらってます。

.

…他の安静系必須のママさんは何されて日中お過ごしされてるんでしょう…?

.

(私は出産後にハンドメイドに目覚めて、スタイやら服やら作っているので、この時にそうゆうことをすれば良かったんです!

…が、でも当時は双子妊娠が不安すぎて、そんな誕生後の楽しみに向けて準備する気になれなかったんですよね😓

無事に産まれなかったことを考えると怖くて、産まれてからのことはやりたくなかったんです…😓)

.

.

さて10日ぶりの検診です😄

今回、診察室で子宮低長と腹囲を測ると先生から

「しーさん、NSTってしたことありましたっけ?」

「NST…?…ないと思います😧」

.

【NSTとは】

NSTとは、ノンストレステストの略で赤ちゃんの心拍とお母さんのお腹の張りを測るものです。

お腹の赤ちゃんがいる位置に心拍を測る装置を二つ(単胎なら一つ)をつけて、お腹の張りを測る装置を一つ適当にお腹につけて、バンドで固定し測定します。

(どちらもエアホッケーの持つやつみたいなの)

それぞれの赤ちゃんの心電図波形(心拍を表す線)2本と、お腹の張りを示す線1本が紙に書かれていきます。

測る時間は大体30~1時間弱くらいで、赤ちゃんが起きていれば早く終わりますし、寝てたりハッスルしてたり、何か異常があれば長くかかります。

.

と、簡単にNSTについて説明を受け、まずはいつものエコー検診になりました。

「赤ちゃん、二人ともよく動きますね~。

二人とも大きくなっていて、左の子が1250g、右の子が1500gくらい…、体重差は今回もギリギリ許容範囲ですね。

大体このくらいの週数になると、身体の重要器官や脳が完成してきていますよ。

とりあえず二人とも1000gは超えられたので、第1ステップはクリアですね✨」

1000gまでいければ、赤ちゃんの生存率はぐっと上がり、更に30週を過ぎれば肺の機能もほぼ出来上がるので、仮に早く産まれたとしても助かる可能性は高まります。

自分の中でも、まずは1000gと目標立てていたので、ひとまずは少しほっとしました。

.

.

そして診察が終わり、次回の検診日(10日後)を決めた後、NSTをする為にベッドが並んだ部屋に案内されました。

「ではここで横になって、お腹を出してください。」

.

…しかし、ここで私、一点困ったというか恥ずかしいというか…。

この日、ワンピースを着て来てしまって、お腹を出すとなると、ペローンと裾から捲り上げるしかなく…、パンツ丸出し状態になってしまうことに😓

いくらベッドがカーテンで仕切られていても恥ずかしいので、看護師さんがタオルをかけてくれることになりました。

.

そして看護師さんがお腹にジェルを塗った後、NSTの心拍を測る器具を手に

「今、赤ちゃんお腹のどこら辺に居ますか?」と聞かれたので

なんとなくの場所を2カ所伝えると、そこに器具を貼り(置き)、お腹の張りを測る器具をお腹の下の方に貼り(置き)、器具がずれないようバンドで固定しました。

そしてドッドッドッドッと機械から赤ちゃんの心音が鳴り、機械に心拍二つと張りレベルを示す数字が表示され、心拍とお腹の張りを表すそれぞれの線が記録された紙が出てきます。

.

私の体勢が辛くないことを確認し、少し看護師さんがNSTの様子を見た後

「このまま30分程待っていてくださいね。

ちょこちょこ様子見に来ますので。」と言われ放置になりました。

.

とりあえずやること(できること)もないので、赤ちゃんの心音を聞いていたのですが、5分程経った時、うにゅ~っと胎動を感じたと思ったと同時に心音が一気に早まり、ザザッというノイズのような音がし始めました。

.

NSTは心拍とお腹の張りを数値で表すのですが、大体赤ちゃんの心拍は110~160、そしてお腹の張りは20~60(かなり強い張りや陣痛時だとそれ以上の数値)の間を動きます。

最初は赤ちゃんの心拍は110程度でしたが、動き始めた途端に一気に150前後まで上がり、記録用紙の心電図波形もブレるブレる。

.

すると看護師さんが来て、記録用紙を見ながら

「左の子、大分動きますね~。元気ですね~。」

と、しばらく左の子のハッスル具合を見ながら最後に私の体勢が辛くないか確認して、また出て行かれました。

お腹がここまで大きくなると赤ちゃんの位置によっては、ずっと仰向けってちょっと辛いんですよね😅

.

そして開始から40分程経ち看護師さんが記録用紙を確認し

「このくらいでいいですね。」と言いながら、機械を止め、装置をお腹から外し、ジェルを拭き取って計測は終了!

その流れで遅れていらした先生が、記録用紙を確認しながら、一カ所お腹の張り数値が50程の箇所を指差し

「ここでお腹が一回、強めに張っているけど、分かりましたか?」と聞かれましたが

自分では気づきませんでした。

私としては、全然大した張りじゃなかったんですね、きっと。

そして先生がその他、問題ないことを確認して検診が無事完了となりました。

.

.

この日は母に一緒に検診に来て貰っていたのですが、突如NSTをすることになり、まるっと半日検診にかかってしまいました😅

母は特に時間潰しをするものもなかったので、暇を持て余し疲れてしまっていたので申し訳なかったです😅

やっぱり検診は何があるか分からないので、そういう時間潰し準備も必要ですね😅

.

.

体重:51.5㎏(妊娠前+9.3㎏)⇦前回より-1.0㎏

血圧:111/65

子宮底長:36㎝

腹囲:87㎝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です