【双子妊娠:30w4d】子宮頸管2.6㎝。ついに入院することに。

こんにちは😃

2歳双子姉妹の母しーです😃

.

*…双子妊娠ふり返り…*

.

前回初めてのNST検査を受け双子の心拍とお腹の張りをチェックしました!

途中お腹が張りはしたものの、双子は元気そうなのでほっとはしたのですが、早産リスクや左の子が小さめなこともあり、やはり早めに入院となりそうです。

.

.

今回は大学生の妹が検診に一緒に行ってみたいというので、妹に付き添ってもらっての検診です。

「わ~妊婦健診なんて初めて~🎶」と妹は超ウキウキです。笑

.

そしていつものようにお小水を取り、血圧、体重を自分で測り診察室へ呼ばれるのを待ちます。。

自分で日に日にお腹が大きくなり、身体が重くなり、歩き辛く動き辛くなるのが実感出来るので、体重が増えすぎていないか本当に毎回ビクビクします😨

少しでも服分を軽くしようと、カーディガンやら何やらは脱いで測ってます。笑

先生からは双子なので最終的に14、5kgは増えても良いと言われているのですが、体重増加のラストスパートがどんなものか分からないので今はまだ抑えめでいきたいのです…!

.

.

そして30分程待ち診察室へ。

看護師さんに子宮底長と腹囲を測っていただきます。

腹囲を測るのは、横になった状態で巻尺でぐるっとウエストを測る感じなのですが、巻尺を通すためこの腰をちょっと上げるのが、そろそろ大変。

自分では重くて力が入らず、ほぼ看護師さんに軽く持ち上げていただいてます。(重いだろうに申し訳ない…😓)

.

.

そして検診。

「左の子が1350g、右の子が1700g程ですね。

やはり30週であれば、右の子、つまり1700g程が平均的な赤ちゃんの大きさになるので、左の子も少しずつ頑張って成長してるとはいえ小さいです。

羊水量や血流には問題はなさそうなので、もしかすると赤ちゃん側に何かあるのかもしれません。近日中に新生児科の先生にも見ていただきましょう。

しーさん、お腹の張りはいかがですか?結構張りますか?」

「そうですね…。歩いたりすると、結構すぐに張る感じです。

じっとしていればそうでもないんですけど…。」

「そうですか。ちょっと子宮頸管の長さを計測しましょうか。」

.

そして久しぶりに内診台に座り計測。

そして先生から

「うーん。子宮頸管が2.6㎝。切迫早産気味でもありますし、赤ちゃんが小さいことも踏まえて今週末から管理入院にしましょう。」

と一言。

.

.

あー。。。ついに入院かぁ…。

もう検診の度、毎回覚悟はしていたとはいえ、いざ入院と言われると気が重い…。

.

当日入院にならなかっただけまし…。まし…。まし…。

と、そこで、ふと疑問が。

「この入院って、産む前、途中で退院っていうこともあるんですか?

もう退院しても大丈夫。のような…。」

「いえ、それはないです。産むまできっちり入院です。」

.

😑!

ですよねぇー。

これから双子が産まれるまで約1ヶ月半…。

毎日何しよう…。

左の子の成長遅延も不安だし、、

ああー、、、妊娠憂鬱である。

※子宮頸管は通常4㎝程で出産が近づくにつれて短くなります。

2.5㎝以下は切迫早産の恐れがある為、入院になることが多いようです。

.

.

体重:53.0㎏(妊娠前+10.5㎏)

血圧:118/61

子宮底長:37㎝

腹囲:89㎝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です