【双子妊娠:36w2d】ついに出産!!帝王切開体験談

こんにちは😃

2歳児双子姉妹の母しーです😃

.

.

*…双子妊娠ふり返り…*

【36w2d】

手術は2番目のお昼頃からと言われていて13:30から開始予定です。

もし1番目の手術が長引いたりあれば、遅くなる可能性があるそう。

.

昨日の夕ご飯以降絶食で今日の7時以降絶飲。

昨日の夜から何故か血圧高くて130越していて、こんなこと初めて。

気持ち的には落ち着いてるつもりだったんだけど、無意識に緊張?ハイテンション?になってたのかな😳

.

そして10時前についに長い付き合いだったリトドリン点滴とおさらば!!!

もう開放感に満ち溢れ……っと思っていたら、点滴から解放される訳ではなく、手術用に右腕に太い点滴針を入れ確保しておくんでした。苦笑

自己血の時よりも太いと聞いてたので、覚悟していたら思ったよりは、痛くなかった!

.

13:20に看護師さんが部屋までお迎えに来てくれ、旦那さん&母に見送られ車椅子で手術室へ。

二人がすんごい心配そうな顔して見送ってたので、ちょっと面白かった。

.

そして初めての手術室。

入口で手術担当の看護師さんに交代し、中へ。

すごーい!ドラマとかでよく見るやつ!!

そのまんまだ!!とちょっと感激しながら

手術台に寝かされ、横向きになり背中から麻酔を入れます。

背中に針入れるのが、めちゃくちゃ痛いのかと思ってヒヤヒヤしていたら、これは痛くなく、この為の消毒の方がくすぐったくて大変だった。

友達の忠告通り、麻酔医先生からお腹にスプーンのようなものを当てられ

「感じますか~?」と聞かれたので、完全に感じないことを確認して、「感じません」と伝えました。

その後、午前中確保した太い針とは別に普通の点滴も左腕に刺し、先生達もいらっしゃり簡単にご挨拶し、手術開始。

.

ここまで来ると、これまで冷静だった私もいささか不安になり、看護師さんがずっと右手を握っててくれたのがとても心強かった。

手術開始後はいつ切られたのかは感覚なく、少しするとお腹をドンドンとした衝撃が走り

「ぅうっ」と衝撃に耐えたら長女が、すぐにもう一回その衝撃に耐えると次女が出てきた。

この衝撃は痛みはなかったものの、結構強い衝撃をお腹に感じ、事前に聞いていた「ゆっさゆっさ」という感じではなかった😓

.

二人は出てくるとすぐに産声あげ、ごぼごぼ言いながらも「うんぎゃー!!」って立派な声。

ぱっと拭く程度の簡単なお手入れをされた後、すぐに顔の両隣で顔見せてくれ、看護師さんが私の手を持って、二人をそれぞれ触らせてくれた。

が、私、産まれた感激とかはほとんどなく😱

看護師さんに「すごく綺麗な女の子ですよ。」って言われた時は

「…。…。これが綺麗なのか。おおお赤い。」と思ったのが第一印象😓

そして双子は私から離れ、その後私は手術が始まった頃から若干眠かったのがピークになり、即爆睡。

.

.

目が冷めると、病室近くの廊下のところでベッドに寝かされながら移動しているところで

だった。

すごくぼんやりした意識の中

「お母さんと旦那さん居るの分かりますかー?」って看護師さんに聞かれ二人の顔見て少し頷くと、そのまま分娩室まで運ばれた。

私の意識はかなりぼーっとして、話せる状態ではなかった。

しばらくすると旦那さんと母が来て、どうやら私の出血が多く、なかなか手術室から出て来ずものすごく心配をかけたらしい。

とりあえず、手術開始から半日以上経っていて、時間も遅いので旦那さんと母は帰宅し明日来ることに。

.

私はその後も朦朧としながら、輸血をし、止血の為2mのガーゼを子宮内?に入れる処置を(麻酔効いてたのか、別に痛く感覚もなかった)した。

夜は一晩、経過観察の為、病室ではなくナースセンターに隣接した分娩室で過ごすことになった。

その晩は全然、恐ろしい程寝れない上、分娩台が硬くて身体が痛いし、お腹が痛くてそもそも身体動かせないし。

後陣痛もめちゃくちゃ痛いのに、3時間おきに先生が子宮収縮促す為にお腹押しにくるんだけど、それが本気で本当に痛い。

本当に「なんでそんなことするの?!」ってレベル。

生理痛の痛さに傷口の痛さが相まって、痛すぎて涙目どころじゃない。

それに絶飲で、看護師さんからストローで口に水は含ませて貰えるものの、喉は乾くし口の中は気持ち悪いしで、めちゃくちゃ辛かった。

点滴から痛み止めは言えば追加して貰えるものの、どこまで我慢すべきなのかが分からず、とりあえず「もう無理」となるまでは、我慢。

してたものの、何回か追加して貰った。

.

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です