【産後1day】弛緩出血による大量出血/帝王切開翌日の様子

こんにちは😃

2歳児双子姉妹の母しーです😃

.

.

*…双子出産ふり返り…*

帝王切開後、出血多量だった為、病室ではなく分娩室の分娩台に寝かされ一晩過ごした私。

夜はとりあえず全く眠れず、分娩台が硬いのと後陣痛、傷口で身体が痛いのが辛く、少しウトウトできることもあったけど、眠るまでには至らなかった。

壁にかかっている時計をチラチラ見ては

「あぁ…、まだこんな時間だ…。いつ朝になるんだろ…。」と

何回も繰り返し見て、今までで一番長い夜だった😓

3時間おきに子宮収縮促す為お腹押しに来る先生が恐怖で、逃げ出したかった。。

なぜかお腹の右側が特に痛いのと、分娩台が硬くて痛いのは、鎮痛剤では治らずで辛い😭

.

双子は長女が2300g以下だった為GCUに、次女は新生児室にいて、とりあえず二人とも健康には過ごしているそう。

それだけ看護師さんから聞いて、ちょっと安心した。

.

.

やっとやっと朝8時過ぎ。

子宮の収縮状態や出血量とかの診察が済むと

先生から「一先ず大丈夫かな」と、病室への移動と飲水がOKに😭✨✨

めちゃくちゃ喉が乾いてたし、身体も分娩台にいるのが限界だったので、もう嬉しくて泣きそう😭✨✨

病室は大部屋でなく、まだ頻繁に先生や看護師さんが様子を見に来て処置をしてくれるので、個室に。

硬い分娩台からベッドになったことで、その後、午前中に2~3時間しっかり寝れたからか、起きたら一気にだいぶ体調が良くなった😆✨

(分娩台からベッドに移動は、看護師さん達が私を持ち上げて移動させてくれるんだけど、振動やらがやっぱりあって、めちゃくちゃ痛かった。)

.

.

13時になると旦那さんが面会に来た。

GCUの長女が12時半から面会OKだったそうで、旦那さんは12時半からまずは長女に会ってきたそう。

長女は保育器の中で点滴やチューブやら色々繋がりつつも、状態は安定しているらしい。

まずはちょっと安心。

.

そして私の顔色が大分良くなって、意識もはっきりしていたので、安心してた。

昨日、運ばれて来た時は顔が青白くて唇も真っ青だったらしい。

.

昨日の手術中のことを聞くと

手術が始まり30分程で双子はそれぞれ保育器に入り、旦那さんと母が待っていた面会室まで連れて来てくれた。

長女は2152gと小さかったので保育器ごしに姿を見て、次女は2400gあったのでその場で抱っこさせて貰え、そのまま双子はそれぞれGCUと新生児室へ。

.

その後、私も続けてすぐに出てくると思ったら、その後15分経っても、1時間経っても出てこない。

すると手術を執刀していた担当の先生が待合室に走って来て、私の出産後の出血が止まらず処置を進めており、その処置について説明するから同意が欲しいと言われ

現状と処置の説明を急いで受け、そのまま承諾書にサイン。

と同時に先生はまた走って、手術室に向かった。

もうこの説明を受けた時に旦那さんは、私はもうこのまま死ぬんだ…と思って悲しみに包まれると同時に、自分一人で双子をどうやって育てるんだ…と途方に暮れたらしい。

が、その後2時間半程経った頃、やっと青ざめた意識朦朧とした私が運ばれてきた。

と、ざっとこんな感じの流れだったそう。

.

.

私の身に何が起こったかと言うと

弛緩出血という分娩時異常出血の一つ。

子どもを出産(子宮から取り出し)し、胎盤が排出されると胎盤が剥がれたことによって子宮から出血が起こる。

本来であれば同時に子宮が元の大きさに戻ろうと筋肉が収縮を始めて、その収縮によって自然に血が止まる。

だけど、私の子宮は双子がぎゅうぎゅうに詰まっていたものだから、もう伸びきっちゃって収縮が起きず血が止まらない。

そこで子宮収縮剤を投与したり、ガーゼやバルーン等を使い物理的に止血する処置を行った。

もしこれで止まらなければ、子宮摘出もあり得たそうです。

私の出血量(羊水込み)は3075ml。

帝王切開の場合は1000ml以内が正常な出血量の範囲なことを考えると3倍超え😱💦

600ml取っておいた自己血も当然足りず、通常の輸血にお世話になりました。

.

.

私はその間完全に爆睡してたし、まさか自分の身にそんな大がかりなことが起こってたとは信じられないし

そんな話を聞いても「ほぉ…。なかなか大変だったんだ…。」って感じで、少し他人事のような感じというか😅

その後先生や看護師さんにも「本当に驚きましたよ!!」と言われて少し実感するというか。

自分の知らないところで自分の身にすごいことが起こったっていうのは不思議な感覚です😑

.

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です